2007年03月30日

ベストを尽くしてポイントを狙う、スーパー・アグリ

スーパーアグリのダニエレ・オーデット Q&A 「ポイントを狙うべきだろうね!」
(F1通信さんより)

スーパーアグリの広報部が実施・提供したもの

Q:2007年シーズンが始まりましたが、チームは冬の間にかなり進歩したようですね。メルボルンでのパフォーマンスに対するチームの反応はいかがでしたか?
ダニエレ・オーデット-スーパーアグリのマネージング・ディレクター:嬉しい驚きだったよ! 冬季テストで頑張ったこと、ブリヂストン・ポテンザタイヤをよく知っていたこと、そしてアンソニー・デビッドソンのチーム加入が報われた。もちろん琢磨がオーストラリアGP週末で強いパフォーマンスを見せたことは言うまでもない。

Q:オーストラリアでの予選で見せたパフォーマンスを繰り返さなければならないというプレッシャーはどのくらいありますか? Q2までしか進出できなかったら、がっかりしますか?
ダニエレ・オーデット:オーストラリアの予選セッションでは、一部のトップチームがトラブルに見舞われていたからね。だから我々のグリッド順位は本当のパフォーマンスを示していないことはわかっている。でも、初めて両ドライバーがQ2に進出して、琢磨がQ3に進んだことはとても嬉しい。しかしマレーシアでは15位以内で予選を通過すれば満足だ。

Q:今週はSA07の初テストでした。いかがでしたか?

ダニエレ・オーデット:アンソニーはオーストラリアでのスーティルとのアクシデントによる痛みがまだある。しかし全体として見れば、タイヤ比較、エアロの確認、セットアップの評価など、いつもの作業を終了した。さらに重要なことに、セパンに来たドライバーとチームは、レース週末の前に高温多湿の気候に慣れることができた。

Q:来週のマレーシアでのSAF1チームのパフォーマンスに何を期待しますか?
ダニエレ・オーデット:我々はいつも通りベストを尽くすよ。グリッドのマシンは全て信頼性が高いので、ポイントを獲得するのはますます難しくなる。でもポイントを狙うべきだろうね!

Q:今年、チャンピオンシップ争いをするのはどのチームだと思いますか?
ダニエレ・オーデット:2006年とほぼ同じ顔ぶれになると思う。フェラーリ、マクラーレン、ルノー、そしてBMWとホンダが意外な活躍をするだろう。

Q:チャンピオンシップ争いをする先頭チームよりもプレッシャーは少ないですか?

ダニエレ・オーデット:チャンピオンシップ優勝を狙おうとトップ10フィニッシュを目指そうと、プレッシャーは同じだ。トップ10でシーズンを終えることは我々にとっては大きな違いだ。コンコルド協定によると、トップ10でフィニッシュすると、チャンピオンシップ収入を得ることができる。だから11番目のチームとして我々は大きなプレッシャーを受けている。

スーパーアグリF1は、少ない予算と限界のある技術的リソースしかない小さなチームだが、2006年よりかなり準備を整えて今シーズンを迎えた。トップ10フィニッシュは、経済的にも名声的にも、我々にとっては大きな違いをもたらす。

-Source: autosport.com

カスタマー・シャーシ問題は相当自信ありなんですね!
と思ったら 「ほちっ!」 とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(5) | ダニエレ・オーデット

セパン最終日はアンソニーが3番時計!

セパンで行われた合同テストの最終日の結果です。
アンソニーすげー!(笑)

01 H・コヴァライネン ルノー 01:35.767 55周
02 F・マッサ フェラーリ 01:35.807 72周
03 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:36.787 68周
04 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.002 104周
05 F・モンタニー トヨタ 01:37.206 78周
06 N・ハイドフェルド BMW 01:37.318 70周
07 J・バトン ホンダ 01:37.326 37周
08 L・ハミルトン マクラーレン 01:37.448 43周
09 M・ウェーバー レッドブル 01:37.338 42周
10 V・リウッツィ トロロッソ 01:38.542 56周
11 C・クリエン ホンダ 01:39.176 25周
12 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:39.303 24周

写真1
 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9 写真10


スーパーアグリ セパン・テスト:佐藤琢磨 デビッドソン グラハム・テイラー

(F1通信さんより)

 本日スーパーアグリF1チームは、天候に恵まれたセパン国際サーキットでテストを終了した。アンソニーとチームは、来週のマレーシアGPに向けて、2種類のブリヂストン・ポテンザタイヤを分析し、セットアップ、コントロール・システム、エアロ・セッティングに関する作業を継続した。

佐藤 琢磨
「新マシンによる最初の本格的テストだったので、SA07について確かめるべきことがたくさんありました。最初の2日間は暑くて乾燥した天気だったので、多くのセットアップ作業をすることができました。
 マシンの信頼性は高く、1日半を最大限に利用して走ることができました。プログラムを完了し、とても実りあるテストでした。来週ここに戻ってくるのがとても楽しみです」


アンソニー・デビッドソン
「僕にとっては大変な1週間でした。タクは天気がよい日に走り、マシンの全体的バランスはよかったようです。僕が2日目の午後に仕事を引き継いだとき、いいバランスを期待していたのですが、そのセットアップではグリップを得ることができませんでした。
 翌日、作業を行うつもりだったのですが、雨が降ったりやんだりしたので、テストが中断されました。ドライの走行時は、マシンを正しい方向に向けることができましたが、時間が足りませんでした。
 今日は半日かけて、残っていたタイヤとエンジン・マイレージを走行しました。マシンに乗り前より自信がつき、ラップタイムもかなり良くなりました。でも来週の金曜日にはロングランのバランスを調整しなければなりません。僕はこのサーキットをよく知らなかったので、このテストは非常に貴重で、今週走行したことで多くのことを学びました」

グラハム・テイラー スポーティング・ディレクター
「素晴らしい信頼性と、間近に迫ったレースの準備として多くを学んだ堅実なテストでした。タクは2日目に非常によく走り、アンソニーはメルボルンの負傷から快方に向かいつつあるのでよかったです」

ドライバー
:アンソニー・デビッドソン
シャシー:SA07-02
周回数:68周
最速ラップタイム:1分36秒787


なんなら、この調子で表彰台登っちゃって下さい!
と思ったら 「ほちっ!」 とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 19:53 | Comment(1) | TrackBack(9) | SAF1テスト

2007年03月29日

セパン合同テスト3日目はアンソニー!

いよいよセパンでの合同テスト最終日!
初日は琢磨。2日目は琢磨(午前)&アンソニー(午後)。
最終日はアンソニー・デビッドソンのようです。

とりあえず、いつものように写真から!

テスト風景(アンソニー画像
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9 写真10
写真11 写真12 写真13 写真14 写真15 写真16 写真17 写真18

セパン合同テスト3日目結果!
01 L・ハミルトン マクラーレン 01:35.918 57周
02 M・ウエーバー レッドブル 01:36.138 62周
03 R・シューマッハ トヨタ 01:36.700 69周
04 V・リウッツィ トロロッソ 01:36.712 56周
05 F・マッサ フェラーリ 01:36.947 64周
06 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:37.070 71周
07 J・バトン ホンダ 1:37.472 92周
08 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:37.606 44周
09 N・ハイドフェルド BMW 01:38.551 35周
10 H・コヴァライネン ルノー 01:39.654 20周






アンソニー!無理しないで用心してや!
と思ったら 「ほちっ!」 とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(10) | SAF1テスト

2007年03月27日

ウィリアムズ、「我々はこの件に関与していない」

ウィリアムズ、F1調停に関して選択肢を残す (F1通信さん)

スパイカーはF1のライバルであるトロ・ロッソとスーパーアグリに対して、マシンの合法性について調停手続きを開始したが、ウィリアムズは選択肢を残している。

26日、ウィリアムズのスポークスマンは 「我々はこの件に関与していない」 と述べた。

ウィリアムズは、ホンダの支援するスーパーアグリとレッドブルのトロ・ロッソは、自ら設計していないマシンを参戦させることで規約に違反しているとするスパイカーの主張を支持していた。

スーパーアグリとトロ・ロッソは、マシンは合法的であると主張している。

スパイカーチームのスポークスウーマンは、調停手続きが開始されたことを認めている。しかし、スイスにあるスポーツ調停裁判所(CAS)はチーム、FIA、商業権保有者間の極秘の 「コンコルド協定」 の解釈に左右されるこの複雑な事例の裁定に時間をかける可能性が高い。

ウィリアムズチームの設立者であるフランク・ウィリアムズは先月、スーパーアグリとフェラーリエンジンを搭載するトロ・ロッソは、チャンピオンシップ・ポイントと分配金を剥奪すべきであると語っていた。
-Source: Reuters.co.uk

オランダめ!裏切られたぞ!
と思ったら 「ほちっ!」 とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年03月23日

スパイカー、遂に動く!

スパイカー、調停へ(F1通信さんへ)
 スパイカーF1チームは、マシンの問題について複数チームに対する調停手続きを開始した。コンコルド協定は極秘なので、今のところどのチームが関与しているかは不明であるが、スーパーアグリ、トロ・ロッソ、レッドブル・レーシング、ホンダF1がすべて関与している可能性もある。あるいは、サプライヤーではなく、スパイカーがカスタマー・マシンを使っていると主張している2チームだけの問題かもしれない。この手続きは(交渉の時間を見越して)数ヶ月間かかる見込みだが、ローザンヌの商業会議所での裁定に委ねられることになった。法廷がマシンの技術規約についてFIAに質問することもあるかもしれない。そうなると、手続きの時間と費用がさらにかさむことになる。

 今や手続きが開始されつつあるが、関係者間の協議を止めるものではなく、裁定が下る前に解決されると予想されている。この件は、数週間後に決定される2008年以降のカスタマー・マシン問題にも関係するだろう。

-Source: GrandPrix.com




スパイカー、調停手続きを開始(F1通信さんへ)
 スパイカーチームは、F1カスタマー・マシンの使用に関してスーパーアグリとトロ・ロッソに対する調停手続きを開始したようだ。

 スパイカーは、オーストラリアGPでのトラック上のアクションに影を落としかねなかったカスタマーマシン問題について法的措置をとると確約していたが、その数日後、複数の情報筋はチームがただちに法的手続きを開始したことを認めた。
 スーパーアグリとトロ・ロッソは、今後数日以内に、手続きが行われていることを正式に通知する法廷文書を受理することになる。

 スパイカーは、両チームは、コンコルド協定の文言に従うと、自チームのマシンを設計・製造していないので、F1規約に違反しているとみなしている。
 スパイカーは、自らマシンを製造したチームのみが、コンストラクターズ・チャンピオンシップ・ポイントを獲得する資格があると考えている。
 スーパーアグリは、ホンダRA106の進化バージョンを、トロ・ロッソは、レッドブル・レーシングのRB3の改良型で参戦している。しかし両チームは、規約に完全に適合していると主張している。

 この問題は、コンコルド協定に関するあらゆる論争を裁定するスイス・ローザンヌの商業会議所に持ち込まれる。
 スパイカーは当初、メルボルンの予選後、スーパーアグリに対して異議申し立てを行ったが、レース・スチュワードは、これをコンコルド協定の問題であるとしてカスタマー・マシンに対する裁定を下すことはできないと判断した。

 チームボスのコリン・コレスはレース週末に、F1のポイントはコンストラクターズにのみ与えられるべきであると主張していた。
 彼は記者らに「これはコンストラクターズ・チャンピオンシップだ。繰り返す、『コンストラクラーズ』のチャンピオンシップなのだ」と語った。「これはコンコルド協定で規定されてる。コンストラクターはマシンを製造しなければならないとなっていて、単数形で書かれている。この資格にあてはまらないと、コンストラククターではない」

 スーパーアグリのマネージング・ディレクター、ダニエレ・オーデットはオーストラリアGPで "autosport.com" に、ライバルが彼のチームにたいして不満ならば、それを解決する方法をとればよいと語っている。
 「我々は自分たちのしたことを承知している。今していることも承知している。我々は完璧に合法だ。だからこれは我々の問題ではない。最も重要なことは、我々はルールを尊重したいということである。不正など望んでいない。ルールに反することはしたくない」
 「彼らはしたいようにすればいい。彼らを止めることはできない。不満があるのなら異議申し立てをすればよいのだ。そうすれば彼らが正しいのか間違っているのかがわかる。でも我々は正しい」

By ジョナサン・ノーブル

-Source: autosport.com


過去のカスタマー・シャーシ問題に関するエントリー


オランダめ!遂に動きやがったな!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(5) | カスタマー・シャーシ問題

2007年03月21日

アンソニー・デビッドソン 続報!

憎きスパイカーのルーキードライバー、エイドリアン・スーティルと接触しオーストラリアGP終了後、背中の痛みを訴えて病院に運ばれたアンソニーについてSAF1公式サイトにその後の様子が発表されました。


アンソニー・デビッドソンは、オーストラリアGPでの1周目の事故を受けて、アルバートパーク・サーキットの救急チームによって、レース後、チェックのためにメルボルンの病院に運ばれた。

アンソニーは背中上部の筋肉の軽い怪我で済んだが、最終的な健康診断の結果を待って、来週のセパンでのテストに参加する予定だ。


オーストラリアGP後に背中の痛みを訴えて検査をするために病院に運ばれたアンソニー・デビッドソンだが、スーパーアグリチームは今日、彼が怪我から回復し来週からセパンで行われるテストに参加できる見込みだと発表した。

病院では、デビッドソンは胴体上部の筋肉を痛めただけだと診断された。彼は今週末、マレーシアに飛ぶ前に最終的な体力テストを行う予定だ。
デビッドソンはレース序盤にスパイカーのエイドリアン・スーティルと接触して厳しいレースになってしまったが、16位でレースを完走することができた。


アンソニーが走れんようになったら亜久里代表が走るんか?(笑)
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by nonochi at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | アンソニー

2007年03月18日

すぱいかー、スーパーアグリを提訴へ

ホンダ車体流用疑惑で


関連記事

sanspo.comより




亜久里代表のコメント 

「負け犬の遠ぼえだよ。他人のことをとやかく言うより、自分の車を速くすべきだ」



>>全く、その通りですな。アホくさ!



阿蘭陀野郎の件はどないしたんや?(怒)
posted by REDFIVE R.E.H at 23:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | カスタマー・シャーシ問題

オーストラリアGP-決勝

*****ネタばれ有り、地上波、録画の方取り扱い注意!!*****
続きを読む
posted by REDFIVE R.E.H at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(5) | SAF1

2007年03月17日

オーストラリアGP(公式予選結果)




*****ネタばれ有り、地上波、録画の方取り扱い注意!!*****



あぐちゃん3号!明日の決勝もけっぱれ!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ


公式予選の結果は折りたたみにて!
posted by カンジMD at 23:09 | Comment(1) | TrackBack(10) | SAF1

2007年03月16日

フリー走行2回目はアンソニーが11位! オーストラリアGP

更新が遅くなりました(^_^;

アンソニーは11位!

琢磨は13位!

しかも、2台とも本家を食った!!!

と、上々の滑り出しのスーパーアグリ勢。さて、予選はどうなる?

楽しみですねぇ!


以下、フリー2回目の結果をNifty F1さんから引用します。

F1 第1戦オーストラリアGP -RIJ- (2007-03-16) 2nd Free Practice-Session
2006 FIA F1 World Championship Rd.1 アルバートパーク(AUS):5.303km
P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 5 F.マッサ (BRA) Ferrari B 1:27.353 218.547 32
2 6 K.ライコネン (FIN) Ferrari B 1:27.750 0.397 33
3 2 L.ハミルトン (GBR) McLaren Mercedes B 1:27.829 0.476 29
4 3 G.フィジケーラ (ITA) Renault B 1:27.941 0.588 33
5 9 N.ハイドフェルド (GER) BMW Sauber B 1:27.970 0.617 27
6 17 A.ブルツ (AUT) Williams Toyota B 1:27.981 0.628 31
7 1 F.アロンソ (ESP) McLaren Mercedes B 1:28.040 0.687 25
8 16 N.ロズベルグ (GER) Williams Toyota B 1:28.055 0.702 29
9 10 R.クビサ (POL) BMW Sauber B 1:28.281 0.928 26
10 14 D.クルサード (GBR) Red Bull Renault B 1:28.495 1.142 23
11 23 A.デビッドソン (GBR) Super Aguri Honda B 1:28.727 1.374 28
12 12 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 1:28.921 1.568 33
13 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 1:29.009 1.656 23
14 7 J.バトン (GBR) Honda B 1:29.066 1.713 30
15 8 R.バリチェッロ (BRA) Honda B 1:29.542 2.189 12
16 11 R.シューマッハ (GER) Toyota B 1:29.574 2.221 26
17 15 M.ウェバー (AUS) Red Bull Renault B 1:29.801 2.448 11
18 4 H.コバライネン (FIN) Renault B 1:30.097 2.744 10
19 19 S.スピード (USA) Toro Rosso Ferrari B 1:30.383 3.030 28
20 20 A.スーティル (GER) Spyker Ferrari B 1:31.108 3.755 35
21 21 C.アルバース (NED) Spyker Ferrari B 1:31.175 3.822 32
22 18 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Ferrari B 1:31.693 4.340 16

posted by こめろんぐ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(4) | SAF1

オーストラリアGPフリー走行1回目!<速報>

琢磨は11位!


アンソニー君は18位!


琢磨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

F1 第1戦オーストラリアGP -RIJ- (2007-03-16) 1st Free Practice-Session
2006 FIA F1 World Championship Rd.1 アルバートパーク(AUS):5.303km
P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 1 F.アロンソ (ESP) McLaren Mercedes B 1:29.214 213.988 23
2 5 F.マッサ (BRA) Ferrari B 1:30.707 1.493 7
3 35 S.ベッテル (GER) BMW Sauber B 1:30.857 1.643 22
4 2 L.ハミルトン (GBR) McLaren Mercedes B 1:30.878 1.664 14
5 7 J.バトン (GBR) Honda B 1:31.162 1.948 15
6 38 中嶋 一貴 (JPN) Williams Toyota B 1:31.401 2.187 21
7 14 D.クルサード (GBR) Red Bull Renault B 1:31.528 2.314 9
8 4 H.コバライネン (FIN) Renault B 1:31.571 2.357 20
9 15 M.ウェバー (AUS) Red Bull Renault B 1:31.661 2.447 16
10 8 R.バリチェッロ (BRA) Honda B 1:31.737 2.523 12
11 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 1:31.782 2.568 7
12 3 G.フィジケーラ (ITA) Renault B 1:32.011 2.797 14
13 17 A.ブルツ (AUT) Williams Toyota B 1:32.194 2.980 18
14 20 A.スーティル (GER) Spyker Ferrari B 1:34.043 4.829 26
15 18 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Ferrari B 1:34.627 5.413 8
16 21 C.アルバース (NED) Spyker Ferrai B 1:35.055 5.841 10
17 9 N.ハイドフェルド (GER) BMW Sauber B 1:37.249 8.035 12
18 23 A.デビッドソン (GBR) Super Aguri Honda B 1:39.221 10.007 6
19 6 K.ライコネン (FIN) Ferrari B 1:39.242 10.028 7
20 11 R.シューマッハ (GER) Toyota B 1:39.550 10.336 9
21 19 S.スピード (USA) Toro Rosso Ferrari B 1:41.763 12.549 9
22 12 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 1:44.130 14.916 11

(成績はNifty F1より)
posted by こめろんぐ at 11:19 | Comment(6) | TrackBack(8) | SAF1

2007年03月15日

左近くんウゴウゴルーガがきになる?

バルセロナより(山本左近 Official Blog(亜音速の一滴)より)

左近くんが最近きになること3つについて書いてあります。
●ウゴウゴルーガ
●サッカー
●高田純次

詳しくは、亜音速の一滴をどうぞ!

1ヶ月後に控えたGP2の開幕!左近もがんばれー!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 12:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 山本左近

SUPER AGURI、タイトルスポンサーなし


SUPER AGURIは“SS United Oil and Gas(SSユナイテッド石油・ガス)”のロゴが新車SA07に掲出されているにもかかわらず、タイトルスポンサーなしで2007年シーズンをスタートさせるようだ。

同チームのマネージングディレクター、ダニエル・オーデットは「彼らは主要なスポンサーではあるが、タイトルスポンサーではない」と語っている。

また、オーデットは可能性のあるタイトルスポンサーとの交渉が暗礁に乗り上げたことを示唆し、スパイカーとウィリアムズがSUPER AGURIの2007年シーズン計画は違法性だとメディアに訴えたことが影響したとコメント。

「進んでいた交渉に、かなり否定的な印象を与えてくれたよ」

SA07がHonda Racing F1の2006年型マシンの改良型バージョンであると言われているにもかかわらず、オーデットはSUPER AGURIの新車は合法だと主張した。

FIAの公式検査官がメルボルンに到着するのは15日(木)となっている。

S・アグリ首脳、「SS 冠スポンサー説」否定 : Nifty.com


亜久里はん、今季もおカネの心配せなあかん!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by nonochi at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(5) | SAF1

2007年03月14日

密かに…

SAF1 OfficialWebsiteのドライバー・ラインナップから

オランダ野郎外れてます。(爆)



ですが…

スーパーアグリ、ギエド・ファン・デル・ガルデをあきらめず(F1通信さんより)
 スーパーアグリは、ライバルのスパイカーと契約したギエド・ファン・デル・ガルデについて、戦わずしてあきらめることはないと主張している。
 ファン・デル・ガルデは今年スーパーアグリのサード・ドライバーとして契約したが、スパイカーに加わるために2月にチームを離れた。
 ファン・デル・ガルデは、今週末のオーストラリアGPでスパイカーの金曜テスト・ドライバーを務める予定だったが、"autosport.com" は14日、彼にスーパーライセンスが発給されていないために、この計画が保留されていることをつかんだ。
 スーパーアグリのマネージング・ディレクター、ダニエル・オーデットは、14日のオーストラリアGP会場で、同チームとファン・デル・ガルデとの契約はまだ有効であると信じていると述べ、いくつかの契約が承認されるまで彼はスパイカーではドライブできないだろうと語った。
 オーデットは「事態はまだ進行中だ」と語っている。「契約承認委員会(CRB)に登録した契約がある。だから彼がスーパーアグリで走りたいなら歓迎するよ。彼は契約上の義務を果たさなくてはならない」
 「別のチームで走りたいなら、彼はスーパーライセンスを手に入れなければならい。しかしいくつかの同意に達しない限り、スーパーライセンスは発給されない。我々は契約を結んでいるし、その契約はスイスにあるCRBに登録してある。つまり、彼は別のチームで走るためのライセンスを手に入れることはできないのだ」
 「だからこの問題は彼次第ということになる。彼がスーパーアグリで走りたいのか、そうでないのか、何らかの同意にいたる必要がある」

過去のオランダくん問題一覧

あっ!やっぱり解決はしていないのね!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ

SA07発表!

公式ページにもでてます!
今はケータイにつき、また後で追記します!

まずF1Newsさんより該当ニュースを引用します。

「SA07」,ついにベールを脱ぐ!

 先ほどから,SUPER AGURI F1 TEAMはオーストラリアのアルバートパーク・サーキットで新車発表を開始し,今シーズンを戦うニューマシン「SA07」をお披露目した。
 SA07は,参戦初期のSA05を発展させたマシンで,P・マックフールが中心となってデザイン作業が行われた。このニューマシンの設計にあたっては,日本のホンダ・栃木研究所も関わり,昨年夏から“共同研究”というかたちで取り組まれてきた。
なお,チームは新車の基本パーツをテスト用マシンに搭載して信頼性確保を図ってきたが,実質的には金曜日のセッションで「ぶっつけ本番のシェイクダウン」となる。
SA07illust.gif



これだけを信じると、SA07はSA06ベースに栃研がこさえたもの?ということになるんでしょうか!


また、ニュースポンサーも明らかになりました。やはりF1Newsさんより該当ニュースを引用します。

SAF1,新スポンサー獲得

SUPER AGURI F1 TEAMはリリースを発表し,イギリスの無線通信大手「スピーカバス」と今シーズンのスポンサー契約を結んだことを明らかにした。同社は無線システムを供給し,ピット内でのコミュニケーション円滑化に貢献することになる。


写真等あれば追記します。

こめろんぐ@モバイルPCでした。

カンジ追記(画像リンク)
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9 写真10
写真11 写真12 写真13 写真14 写真15 写真16 写真17 写真18
写真19 写真20 写真21 写真22 写真23 写真24 写真25 写真26
写真27 写真28 写真29 写真30 写真31 写真32 写真33 写真34


スーパーアグリSA07公式プレスリリースと写真画像
(F1通信さんより)

あぐちゃん3号キターーーーー!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ

posted by こめろんぐ at 15:22 | Comment(5) | TrackBack(31) | SAF1

AUSTRALIAN GP PRESS CONFERENCES

  Thursday, March 15 1500 hrs
Fernando Alonso (McLaren Mercedes)
Anthony Davidson (Super Aguri)
Robert Kubica (BMW Sauber)
Felipe Massa (Ferrari)
Alex Wurz (Williams)

  Friday, March 16  1600 hrs
Jenson Button (Honda)
Lewis Hamilton (McLaren Mercedes)
Heikki Kovalainen (Renault)
Kimi Räikkönen (Ferrari)
Mark Webber ( Red Bull)

FIA Press Releases

posted by nonochi at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | SAF1

スーパー・アグリの新車はRA106の進化版 ! ?

情報筋 「スーパーアグリの新マシンは古いホンダ」 : F1通信さん
スーパーアグリの2007年の 「新」 マシン、つまりまだ発表されていないSA07は、明らかに昨年参戦したホンダのRA106の進化バージョンであるという。

ある情報筋は、開幕戦が行われるメルボルンで13日、水曜日にアルバートパークで発表されるマシンは、2006年のホンダマシンとは見た目は異なっているが、昨年8月ジェンソン・バトンがハンガリーで優勝したときに乗っていたマシンを明らかにベースにしていることを認めている。

スーパーアグリとトロ・ロッソの直近のライバルであるスパイカーとウィリアムズは法的措置をとると警告しているが、このマシンは、依然として続いている 「マシン共有」 論争を間違いなく再燃させるだろう。

F1サーカスがオーストリアの海外遠征に出かけるまでに妥協案は見つかっていないので、激しい論争が起こることは事実上確定している。しかしこの騒動がメルボルンの民事裁判所に持ち込まれる可能性は低いと見られている。
-Source: Home of Sport

クルサード「今シーズンの最後尾はスパイカー以外考えられない」 : msnスポーツ
「まったく予測がつかないシーズンだとは思わないな。タイトル争いをするのは、おそらくマクラーレン、ルノー、フェラーリの3チームだろうからね。フェルナンド(・アロンソ)が結果を出していたチームだから、ルノーは少し弱いかもしれない。
今季の展望でもっと重要なのは、後方で、飛び抜けて遅いチームがそんなにないことだ。
SUPER AGURIはHondaの昨年型のマシンを使う。十分な速さがあって、レースにも1回勝てたマシンだから、彼らはもっと速くなると仮定しないといけない。
トーロ・ロッソは、僕たちのものと技術的にかなり似たパッケージだ。ということは、スパイカーが最後尾になる。僕としては、スパイカー以外の最後尾は想像できないよ」


土壇場にきて、えらい心配になってきた (T_T)
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年03月13日

スーパーアグリ、メルボルンに向けて準備完了!

Super Aguri ready for Melbourne(F1通信さんより)

12日スーパーアグリは、昨シーズンF1デビューは失望に終わったが、来週のオーストラリアGPのために競争力のある新マシンを用意したと述べた。

元レーサーの鈴木亜久里は記者らに「昨シーズンはチャンピオンシップに参戦するのがやっとでした。シーズン中にチームや会社やマシンを作り上げたようなものです。今年はちゃんと参戦準備が整っています」と語った。

「我々の成果や、他チームに対してどの位置になるのかは、メルボルンGPまで待っていただかなくてはなりません。去年より緊張していますね」

F1表彰台に初めて上ったアジア人である鈴木は、昨年希望に燃えてオールジャパンのチームを立ち上げたが、デビューシーズンにポイントを獲得することはできなかった。

スーパーアグリは、来週のシーズン開幕直前にメルボルンでホンダエンジンを搭載する最新マシンを発表する予定である。

ドライバーの佐藤琢磨(30歳)は、昨年のチームの不振にもかかわらず、最後の3戦は競争力を示すことができたと語った。

「それだけでは十分ではありませんでしたが、するべきことはしました」と佐藤は言う。「昨シーズンは初心者でしたが、最後には十分戦うことができました」

「よそのチームも、今では僕たちをライバルだと見なしているでしょう。チームのためにポイントを獲得できるようベストを尽くしたいと思います」

彼によると新マシンは「非常に競争力がある」という。

「このシーズンのためにマシンを開発して、よそのチームと同じように冬のテストをこなしました」

佐藤は、鈴木が表彰台に立って以来、日本人F1ドライバーとして14年ぶりに2004年のアメリカGPで3位に入賞した。彼は昨年鈴木のチームに移籍し、シーズン最終戦のブラジルGPでは10位でフィニッシュした。

佐藤はかつてのチームメイトである英国人アンソニー・デビッドソンとペアを組む。このふたりはともに2002年にF1デビューを果たしている。

デビッドソンは「メルボルンの初レースに本当にワクワクしています」と語った。

「マシンはテストで非常に好調でとても信頼性が高く、テスト中に赤旗の原因になったことは1度もありませんでした。これまでのところチームはとてもよく頑張ったと思います」

「できれば、これがレースでも続くといいですね。レースが本当に楽しみです。結果を出せると信じています」

-Source: AFP


アンソニー!琢磨と頑張ってスーアグを盛り上げてくれー!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ
posted by カンジMD at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(4) | SAF1

2007年03月12日

アンソニーQ&A

アンソニー・デビッドソン eメールによるQ&A(F1通信さんより)

Q&Aは折りたたみにて!

アンソニー!琢磨と頑張ってスーアグを盛り上げてくれー!
と思ったら「ほちっ!」とワンクリックお願いします。

人気blogランキングへ続きを読む
posted by カンジMD at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンソニー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。