2008年03月14日

SAF1転売先なのか…?

マグマグループの最終目的は、付加価値をつけて転売なのでしょうか?またまた気になるNEWSですね…

スーパーアグリ買収の背後にドバイ政府(F1通信さんより)

財政難に苦しむスーパーアグリのロンドンのマグマ・グループによる買収の裏にはドバイ政府がいたことが明らかになった。

鈴木亜久里が運営し、日本の自動車メーカー、ホンダと関連があるスーパーアグリは10日、マセラティとフォードの元スタッフ、マーティン・リーチ率いるマグマに間もなく買収されると発表した。

しかしメルボルンのオーストラリアGPでの噂によると、実際の融資はドバイ政府が所有する国際的な投資企業によるものであることをチームは2週間以内に発表するという。

ドバイからの融資により、スーパーアグリはホンダのカスタマーチームから、現在のコンコルド協定で要求されている完全な独立コンストラクターに転換することができる。

チームは買収が完了するまではコメントしないとしている。

スポークスウーマンは「時期が来るまでこれ以上のコメントあるいは発表を控えさせていただきます」と述べた。

-Source: Home of Sport
posted by カンジMD at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | SAF1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


F1(3962) スーパーアグリに “ドバイのカネが!?”
Excerpt: オーストラリアGP直前のうわさでは、 実際の融資がドバイ政府所有の国際投資会社によって行われることを、 この先2週間以内にスーパーアグリが公表するのではと言われている ドバイからの支援を受け..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2008-03-15 01:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。