2008年03月15日

スーパーアグリの新社長候補(ヨースト・カピト)

スーパーアグリの新社長候補(ヨースト・カピト)(F1通信さんより)

ヨーロッパでは、ドイツ人のヨースト・カピト(49歳)がスーパーアグリF1チームの新しい社長になるのではという噂が流れている。チームは、マーティン・リーチのマグマとの契約を発表したが、現時点では計画の詳細については明らかにしていない。買収額は約約1億ドルと見られており、チームに多額の投資を行ったホンダと鈴木亜久里の間で折半されるようだ。鈴木亜久里は総額の約30%を受け取るとされているが、これはチームのために行った債権の処理に充てられると見られている。

カピトは、リーチがフォード・ヨーロッパ在籍時代に密接に関与しており、リーチとは懇意である。

カピトは、特にパリ-ダカールなどの耐久レースの二輪レーサーとしてキャリアを始めた。彼はエンジニアとしてBMWモータスポーツに加わり、伝説的人物であるポール・ロッシュの元で働き、1980年代のBMW M3ツーリングカーを開発した。1990年、彼はポルシェAGのモータースポーツ部門にスカウトされ、ポルシェの各種チャンピオンシップ組織を監督した。その後、ポルシェ・モータースポーツの責任者となり、ザウバーF1チームに移籍した。1999年にチームの最高執行責任者に就任した。2年間その職に留まったあと、ケルンのフォード特殊車両エンジニアリング部門の部長となり、昨年11月までフォードのモータースポーツ活動の責任者を務めた。そして、フォード・パフォーマンス車両の車両ライン部長という新しいポストに就いた。

ヨースト・カピト Jost Capito


posted by カンジMD at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | SAF1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


F1(3974) スーパーアグリは 1億ドル!?
Excerpt: ドイツ人のヨースト・カピト(49歳)が スーパーアグリF1チームの新しい社長になるのではという噂が・・・ 買収額は約1億ドルと見られており、チームに多額の投資を行ったホンダと 鈴木亜久里の間..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2008-03-15 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。