2008年04月05日

2008年 バーレーンGP フリー走行

琢磨コメント:第3戦バーレーンGP金曜チームリリース

佐藤琢磨 カーナンバー18 (SA08A-06)
フリー走行1回目 22位/ 6周/最速ラップタイム 1:36.536
フリー走行2回目 21位/24周/最速ラップタイム 1:35.288

アンソニー デビッドソン カーナンバー19 (SA08A-05)
フリー走行1回目 21位/ 6周/最速ラップタイム 1:36.145
フリー走行2回目 22位/25周/最速ラップタイム 1:35.712

天気 晴天 (湿度:最低20.1% - 最高39.2%)
気温 最低27.0°C - 最高30.8°C
コース路面温度 最低35.2°C - 最高42.5°C

限られた周回数の中で、予定のテストプログラムを行い、オーストラリアGP、マレーシアGPと同じような金曜日となった。

佐藤琢磨
「簡単な一日とはならなかった。周回を重ねるに従ってバランスがどんどん変化し続け、セットアップの評価やセットアップを詰めて行く時間がなかったため、マシンバランスを掴むのに苦労した。タイヤに関しては、昨年よりも一段階ソフトなタイヤに取り組んでいるため、今日はミディアムとソフトの違いの比較が興味深く、両方ともうまくいっている。明日はマシンバランスを見つけるために、もっと努力しなければならない」

アンソニー デビッドソン
「今日は横風が吹いてだれにとっても厳しい一日だった。なんとかマシンのレース用のバランスを見つけることができたが、明日の予選に向けてのマシンバランスを掴む必要がある。トラフィックのため新しいタイヤをしっかり試すことができなかったが、心配には及ばないだろう」

グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「今週末に向けて調整する必要があったために、1回目のフリー走行では最小限の走行しかできなかった。今日は天候も良く、風もそれほど吹いていなかった。コースもすぐにきれいになったようだった。午後のフリー走行ではタイヤを試すために長めに走行する狙いで、おおまかには試すことができたが、車のハンドリングには満足からはほど遠い状態だ。これからしなくてはならないことがたくさんあるが、明日には少し改良されることを期待している。ドライバーたちはここでは2008年のレギュレーションに苦労しているようだ」

Bahrain International Circuit, Sakhir, Kingdom of Bahrain
2008/4/4

SAF1 Official Website より
posted by カンジMD at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(3) | SAF1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


F1バーレーンGPフリー走行! そしてサポートレースも( ̄ー+ ̄)ニヤリッ
Excerpt: さて、砂漠のサーキットで行われるF1バーレーンGPが開幕、早速フリー走行が行われました。 1、2回目の走行タイムをFMotorsportさんより紹介しまっさ(爆) 1回目 PDriverNat.C..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2008-04-05 19:35


【RACE】 フリー走行1回目、中嶋一貴6番手タイム
Excerpt: 2008年F1第3戦、バーレーンGP最初のフリー走行セッションが始まった。 前評判通り、スピードをみせて終始セッションをリードしたのは フェラーリの2台。 結局マッサが1\'32.233のタイム..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2008-04-13 11:35


【RACE】 フリー走行2回目、ハミルトンがクラッシュ
Excerpt: バーレーンGPフリー走行初日は、2回目セッションもフェラーリ勢が1-2。 マッサがトップタイム、そして僚友ライコネンが続いた。 FMotorsports F1 3-4番手にはライバル・マ..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2008-04-13 11:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。